Contents:

Big Image

歯列矯正に抜歯は必要?

歯列矯正を行うとき、お勧めしたいのが治療前に複数の歯科医院で治療方法について説明を受けることです。ほとんど歯科医院では、最初の検診を受けたからといってすぐに強制的に治療にかかられるということはないので、まず時間の余裕を考えながらゆっくり歯科医院を決めて行きましょう。
複数の歯科医院で歯列矯正の方法を尋ねてみると、おそらくあるところでは「矯正のためにはどうしても抜歯をしなくてはいけません」と言われ、また別のところでは「大切な歯なので抜かずに行う方法で行いましょう」と言われたりします。そのため、同じ矯正なのにどうして抜いたり抜かなかったりするのだろうと、最初は不思議に思ったりすることでしょう。
現在、歯科大学などで一般的な歯列矯正方法と定義されているのは抜歯を伴う矯正方法です。一方で、健康な歯を見た目を良くするために抜いてしまうことに抵抗感を持つことも多いため、あえて抜かずに行う歯列矯正方法を取り入れている歯科医院も多く見られます。歯を抜く矯正方法と抜かない矯正方法の違いは、治すために歯列を「大きくする」か「小さくする」かの違いになって現れます。
歯並びの悪い人の歯を見ると、大抵の場合V字型に歯が並んでしまっています。そのため歯の一部を抜き、小さなU字型にするのか、それとも歯の全体を広げるようにして大きなU字になるようにするかが、抜く歯列矯正と抜かない歯列矯正の違いになってきます。歯列矯正の違いがわからないときは、気軽に質問をしてみてください。

Site Menu