Contents:

Big Image

歯列矯正での器具

歯列矯正には、専用の器具を歯に取り付けて矯正を行います。矯正装置は歯の表面または裏側に貼り付けて使う仕様になっており、この取り付ける場所や方法によって器具の名称が変わります。一般的に歯列矯正治療と言えば歯の表面にがっちりと取り付けるワイヤーのような装置を思い浮かべます。歯の裏側からつける矯正装置のことは「舌側装置」といって区別がされており、裏側からする矯正治療のことを「舌側矯正」と言っているようです。
また、歯に矯正装置を固定させるのではなく、取り外し可能な入れ歯のような装置を使うこともよくあります。これは床矯正装置という名前がついています。それぞれの方法や装置にはメリットやデメリットがあるので、治療前にはどれが自分の歯列矯正に適しているか説明を受けるようにしましょう。
一般的に歯列矯正では全ての歯に装置を取り付けることで治療が行われます。すべての歯を矯正治療するのではなく、部分的に行う方法がとられることも時々あり、その場合は「Minor Teeth Movement」という英語の頭文字から「MTM」と呼ぶこともあります。
MTMのような部分治療の場合、治療が可能な部分とできない部分とがあります。患者さん側で強くMTMを希望したとしても、咬み合わせの問題や歯のスペース確保の問題でどうしても全ての歯に取り付けるタイプでの治療法にせざるをえないということもあります。歯は部分的な不具合ではなく、口の中とアゴ全体、あるいは全身に影響のある部分なのです。

Site Menu